マスキングテープは剥がれるから楽しい!マステを剥がす方法と特性を生かしたDIY

マスキングテープは今、ハンドメイド大好きな人たちの間で大変人気となっているアイテムです。

中にはオリジナルのマスキングテープを作成して、小物や文房具などをアレンジする人もいるほどです。

しかしマスキングテープはすぐ剥がれるから使いにくいと思うことはないでしょうか。

ここでは、マスキングテープの剥がれやすさなどについて見ていきましょう。

そもそもマスキングテープって何?

そもそも、マスキングテープとは何でしょうか。

可愛い柄が入ったテープのことをマスキングテープというのでしょうか?

実は、建築現場や引越し業者さんがよく使っているアイテムなのです。

マスキングテープは養生テープ

引越し業者さんが、引越しの作業の時に、家や家具に傷をつけないように、家のあらゆるところに養生テープを貼るのを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

あの養生テープのことをマスキングテープと呼びます。

「マスキング」という名前の通り、ある場所を「覆い隠す」という意味を持っています。

建築現場でコーキングやシーリングを行う際、マスキングテープを貼っておけば、塗装する場所以外のところまで汚れません。

マスキングテープがすぐに剥がれると嘆くときがあるかもしれませんが、もともと、マスキングテープは作業が終わればすぐに剥がすことが多いので、剥がれやすい特性を持っているのです。

マスキングテープを剥がれにくくする方法

マスキングテープは剥がれやすいと分かっていても、せっかくプレゼントに貼ったのにすぐれ剥がれるようでは困ってしまうなんて事もありますよね。

それでは、マスキングテープを剥がれにくくする方法をご紹介します。

マスキングテープの上にニスを塗る

とても強力にマスキングテープを貼りたい場合は、テープの上にニスを塗ることをおすすめします。

ニスはホームセンターなどで購入することができますし、最近では100均でも販売しているので、手軽に手に入れることができます。

小物や文房具、プレゼントなどに貼られているマスキングテープに塗る場合は、簡単に作業ができる水性アクリルニスで十分でしょう。

ニスを塗ることで、表面が樹脂の膜で覆われ、マスキングテープが剥がれにくくなるばかりでなく、傷や埃がつきにくくなります。

木工品の場合は、水分の浸透を防いでくれるので、木材が割れたり反ったりしなくなります。

ただし、ニスを塗ると、やり直しがきかないので注意してください。

マスキングテープの上にトップコートを塗る

ご紹介したニスは臭いが気になるし、わざわざ購入するのが面倒と思ってしまうこともあるでしょう。

そんな方におすすめするのが、ネイルのトップコートです。

ネイルのトップコートも、ニスをと同じように表面を固める性質があるので、トップコートをマスキングテープの上に貼って、剥がれるのを防ぐ方法もありです。

実際にネイルを剥がれにくくするという目的でもトップコートが塗られるわけですから、マスキングテープが剥がれにくくするためには、最適のものと言えるでしょう。

臭いも少なめですし、気軽に塗ることができます。

メリットは剥がれるのを防ぐだけじゃない!

トップコートを塗ることで、表面を保護することもできます。

マスキングテープの表面に艶もでますし、表面がぷっくりと膨らんで可愛く見えますから、マスキングテープを剥がれにくくするなら、トップコートもおすすめです。

ネイル応用編!マスキングテープネイル

マスキングテープそのものをネイルにしてしまえば、とても簡単に素敵なネイルを作成することができるので、おすすめです。

例えば三角や四角など、お好きな形にマスキングテープを切って、それをネイルの上に乗せて、最後にトップコートを塗ってしまえば、簡単にデザイン性溢れるネイルが誕生します。

あるいは、自分好みのデザインが描かれたマスキングテープを、そのままネイルにペタリと貼ってしまうのも良いでしょう。

トップコートを塗ることで、マスキングテープが剥がれることを防いでくれますし、またマスキングテープを置くことで生まれる段差を解消することができます。

剥がれるリスクを軽減!掃除をする

マスキングテープが剥がれるのを防ぐ方法としておすすめなのが、貼る部分をあらかじめ掃除しておくという単純なもの。

もちろん、貼る部分の材質によっては、掃除をしても、どうしてもマスキングテープがつきにくかったり、剥がれやすくなってしまいます。

その場合は、ご紹介したようにニスやトップコートを塗ることをおすすめしますが、マスキングテープが剥がれるのを防ぐ大前提として、貼る場所は、濡れ布巾で綺麗に拭くなりして、綺麗な状態にしておくことが大切です。

綺麗に掃除をしておけば、ゴミや埃がないので綺麗にマスキングテープを貼れるというメリットもあります。

マスキングテープの剥がれやすい特性をいかしてDIYしてみよう!

マスキングテープが簡単に「剥がれる」という特性を生かして、DIYをしてみるのも面白いです。

マスキングテープでDIYを行うことで、何度でも修正がききますし、また元に戻すこともできます。

マスキングテープを使ったDIY

賃貸物件に住んでいると、どうしても思い切ったお部屋の模様替えは難しいものです。

しかしマスキングテープを使えば原状回復できますから、自分好みのお部屋にすることができますよ。

例えば、お部屋の雰囲気がガラリと変わる壁紙の変更も、マスキングテープと両面テープを使えば、躊躇することなく行うことができますよね。

その他にも、小物を吊るすためのラックやタオルハンガーなど、本来であれば壁にビスを打ち込まなければならない場合でも、マスキングテープと両面テープを使うことで出来てしまいます。

ただし、注意する点は、マスキングテープによっては、剥がれにくいものがあり、それらを使ってしまうと、壁紙などを損傷させてしまう危険性があるということです。

DIYを行う時は、マスキングテープの剥がれやすさを確認してから行ってください。

マスキングテープの剥がれやすさ比較

マスキングテープに詳しい人ならご存じだと思いますが、各メーカーによってはがれやすさに違いがあります。

マスキングテープが綺麗に剥がれるメーカーは

「剥がれる」のが売りのマスキングテープですから、綺麗に剥がれてくれないと意味がない時がありますよね。

実際に各メーカーの剥がれやすさを調べてみると、色々と違いがあることがわかります。

評価が高いのが、マスキングテープを専門に作っているmt。

このmtのマスキングテープは、可愛いだけでなく、綺麗に剥がすことができるということでも人気があります。

ただし、マスキングテープを使う目的が、剥がすことにない場合もありますから、各メーカーのマスキングテープを色々使ってみて、自分の使い道に最適のマスキングテープを見つけてみてください。

マスキングテープは

マスキングテープを剥がれないようにするためには、ニスやネイルのトップコートがおすすめです。

しかし、マスキングテープが「剥がれる」という特性を生かしてネイルやDIYを楽しむのも楽しいものです。

マスキングテープは剥がれるからこそ、修正できたり、元に戻したりできます。

用途に合わせた最適なマスキングテープを見つけて、楽しいマスキングテープ生活を送ってください。